夜行バスでの過ごし方とマナーとは?

夜行バスでの快適な過ごし方とは?

最近、遠方まで行くために夜行バスを利用する人が増えています。新幹線などと比べると費用を抑えられることも魅力の一つです。夜行バスでは、基本的には寝て過ごす人が多いようですが、一人で乗る場合には防犯にも気をつけなければいけません。 まず、快適に過ごすためには、首のところにフィットする枕や耳栓があると十分な睡眠を取ることができるでしょう。また、隣に座る人がどのような人かわからないので眠るときにも貴重品を取られないように注意する必要があります。カバンの蓋がしっかり閉められるものや鍵付きのキャリーケースなどに入れるようにしておくと安心です。快適に過ごしながらも防犯に気を使って楽しい旅にすることが大切です。

夜行バスならではのマナーとは?

夜行バスでは、狭い空間の中で他人と過ごさなければなりません。そのため、様々な動作をするときに気を使ったほうが良いと言えます。まず、リクライニングの角度を変えるときには後ろの人に気を使ってゆっくりと倒すようにしましょう。わざわざ後ろの人に声を掛ける必要はありませんが、ゆっくり倒すことで後ろの人にぶつかる可能性を低くしたほうが良いでしょう。次に飲食は、軽食程度ならばいいですが、匂いの強いものやカップラーメンなどは控えたほうが良いでしょう。また、携帯電話の使用は音を出さなければ好きに使うことが出来ます。しかし通話は控えたほうが良いでしょう。長く乗るバスの中で、他人とのトラブルで疲れてしまうことがないよう最低限のマナーを守りましょう。